足裏 横アーチ 回復

PR

足裏の横アーチを回復したい?もしかして・・・?

 

 

 

足裏の横アーチを回復したいと思われた

 

あなたは、開張足や外反母趾と診断されたか

 

自覚してるということですね?

 

残念ながら崩れた足裏の横アーチの回復は

 

一朝一夕ではできません。

 

 

でも、正しいやり方で実践すれば、

 

横アーチを再形成できる方法があります。

 

 

 

足裏の横アーチとは・・?簡単におさらい

 

人の足は、3つのアーチがあるおかげで、体重を支え

 

歩いたり、走ったり、ジャンプしたりといった

 

複雑な動きに対応できるようにできています。

 

 

こんなイメージ

 

黄色⇒内側縦のアーチ

 

赤色⇒横アーチ

 

青色⇒外側縦のアーチ

 

 

この3つの足裏のアーチ構造が破綻をきたせば、

 

クッションやバネの力が失われ、

 

疲れ易いとか歩き難いという症状がでるのは当然です。

 

 

この角度から見れば一目瞭然

 

通常の足は、アーチがキレイに

 

整ってます。

 

 

この横アーチが潰れることで開張足になります

 

最近、靴がきつく感じたり、

 

親指が曲がったり、小指が内側に入りこんだり

 

なんてことを感じませんか?

 

 

外反母趾の方は、ほぼ例外なく開張足であり、

 

開張足の方は、横アーチが崩れています。

 

 

 

ではなぜ開張足になるのか?

 

いろいろな説があり、足の指の骨をつなぐ靱帯が弱り、

 

広がっていくという説。

 

 

なぜ靱帯が弱るのかというと、

 

体重の増加や、運動不足、体質、老化、ホルモンバランスの

 

悪化などが言われていますが、どれも信憑性に欠けます。

 

実は明確な原因が分かっていません。

 

 

ただ、1つ共通してるのが、

 

開張足の方は、歩き方が悪い

 

ということ。

 

 

本来使うべき筋肉を使わずに何年も歩くことで

 

その筋肉が退化し、結果として足の横幅が広がってしまう。

 

その筋肉が

 

 

「横アーチ」という筋肉です。

 

 

正常な足の横アーチ

 

 

 

開張足の横アーチ

 

 

アーチが潰れてぺしゃんこになってるのが分かります。

 

このせいで親指がや小指が変形したり、

 

特有の痛みを生じさせます。

 

 

全ては、歩き方が原因です・・・

 

そこで、

 

ここからが本題〜〜足裏の横アーチを回復する具体的な方法

 

 

 

テーピングで横アーチを回復?

 

 

テーピングというのは、効果がある方と

 

無い方に二分されます。巻き方もありますが、

 

そもそも、外からの力で強制的に指をまっすぐに広げ、

 

横アーチを作ってあげる事を目的としますので、

 

テーピングの治療を施す事は、間違いではありませんが、

 

本来の横アーチ筋を鍛える事にはつながらない。

 

つまり時間の経過と共に横アーチがまた崩れていく可能性が・・

 

 

 

外反母趾用の靴

 

 

外反母趾対策用の靴は、履いて歩くだけで、

 

横アーチ筋が鍛えられる訳ではなく、足の指に体重を乗せて

 

歩くから、横アーチ筋が鍛えられ、開張足が改善していきます。

 

外反母趾対策用の靴だけ履いても、歩き方が改善されていなければ、

 

何の意味もないのです。

 

正しい歩き方の感覚が身についていない人は、

 

結局指を浮かせたまま歩き、「浮き指」という症状を悪化させます。

 

 

タオルトレーニング

 

 

タオルトレーニングは、ただ、足の指でタオルを引っ張れば

 

良いというものではありません。

 

外反母趾の原因である「開張足」を治すために、

 

第3関節を柔軟にし、横アーチ筋を鍛える事が目的なのです

 

 

 

第3関節を曲げて掴んでいない
悪い例

 

 

 

良い例

 

 

 

これらのトレーニングは、毎日続けられたとしても、

 

限られた時間でしか鍛える事ができません。

 

 

はっきり言いますが・・

 

普段、正しく歩けていれば

 

自然と横アーチは鍛えられるものです。

 

 

正しい歩き方ってなに?

 

そう思われたなら・・

 

 

私がお勧めしたいのが、

 

足裏の横アーチを自分で回復させる唯一の方法

 

 

⇒『古屋式・外反母趾改善DVD』〜アーチを作る正しい歩き方はこちら

 

 

古屋式・外反母趾改善DVDでどうやって足裏の横アーチを回復する?

 

 

 

外反母趾、開張足の本当の原因は、

 

“ペタペタ歩き”という悪い歩き方で、

 

世間で言われているような、

 

ハイヒールや足に合わない靴を履くことでもありません。

 

 

 

そして、それを改善する為の根本的な治療は、

 

正しい歩き方そのものを身につける事が王道であり、

 

外反母趾対策用の靴を履いたり、

 

テーピング治療や専用の靴は一時しのぎで、

 

根本的な治療にはなりません。

 

 

 

歩き方を変えるなんて簡単に言うけど、

 

今更そんなことができるのか?

 

先生に直接指導を受けないと正しく歩けないのではないか?

 

 

安心して下さい。

 

今まで2000人以上の患者さんと向き合って、

 

治療してきた方法は、どんな方でも自宅できる、とてもシンプルな方法

 

それが、

 

⇒『古屋式・外反母趾改善DVD』〜アーチを作る正しい歩き方はこちら

 

なんです。

 

 

 

流れは4ステップ

 

@開張足の原因が歩き方にあることを理解

 

Aどの程度開張足がレベルを測定する

 

Bレベルに沿ったトレーニング

 

C7つの悪い歩き方を理解し、4つの正しく歩くコツを実践

 

 

すると、普段の歩き方が改善され、

 

横アーチは自然と回復していきます。

 

 

 

あなたの足の甲が、かなり平らになってしまった開張足でも・・・

 

例え医師に「あなたの足は、横アーチが崩れていて手術ですね」と

 

言われた状態だとしても遅くはありません。

 

 

横アーチが完全に退化してしまった筋力では、

 

もう正しい歩き方は身につかないのでは?と思わないでください。

 

 

 

正しい歩き方を身につけるには、

 

「4つの正しく歩くコツ」さえ実践してもらえれば、誰でもできます。

 

ただ、筋力がないので最初は多少ふらついたりする事がありますが、

 

その程度です。

 

 

 

まったく歩けないという事はありません。

 

そして、正しい歩き方が出来るようになると、

 

まず親指にかかる負担が減るため、

 

その時点で痛みが改善していきます。

 

 

早い人で2週間程、遅い人でも3ヶ月程度の期間です。

 

 

さらにそこから、親指や小指の変形が改善されていきます。

 

 

つまり、古屋先生の外反母趾改善法「正しい歩き方」は、

 

どんなに、開張足が進行し横アーチ筋の退化した方でも、

 

 

DVDを見て実践していくことで必ず正しい歩き方を

 

身につける事ができ、横アーチを回復・再形成、

 

根本から開張足を治療

 

外反母趾を改善する事ができますが、

 

 

試してみますか?

 

 

 

足裏の横アーチを自分で回復させる唯一の方法

 

 

⇒『古屋式・外反母趾改善DVD』〜アーチを作る正しい歩き方はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ページ上部に戻る

 

足裏の横アーチとは・・?簡単におさらい

 

この横アーチが潰れることで開張足になります

 

ここからが本題〜〜足裏の横アーチを回復する具体的な方法

 

古屋式・外反母趾改善DVDでどうやって足裏の横アーチを回復する?

 

あなたの足の甲が、かなり平らになってしまった開張足でも・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

PR